森のこかげでは、カウンセラーの視点から、ストレスやメンタルにかかわるお話もお伝えしています。

   

 フラッシュバックとは

 

フラッシュバックとは、
過去の体験を連想させるような、
過去の体験を感覚させるような、何かのきっかけに接した時、

あるいは、何かそうした刺戟を受けた時に、

「 あのとき 」と同じ感情や情動が、不意に甦ってきて、
人によって、さまざまな反応を引き起す状態を云います。

フラッシュバックでは、「 あのとき 」の情景や記憶も、一緒になって甦ってくることもあれば、感情や情動( あるいは気分のようなもの )だけが襲ってくる場合も、とても多いものです。


フラッシュバックと感情( 情動 )

感情とは、ご存じのように、怒り、こわさ、くやしさ、恥ずかしさ、憎しみ、悲しさ、苦しさ、不安、などのことです。
( もちろん、よろこびとか幸福感も、感情に入ります )

そして、感情のエネルギーのより強いものを
「 情動(じょうどう) 」と呼んでいます。

情動とは、感情のより強いものですので、
自律神経系などを通して、
身体の反応を瞬時に引き起すことになります。


そして、フラッシュバックに限らず、
発生する情動が強ければ強いほど、たとえぱ

動悸が激しくなったり、手足が震えてきたり、手のひらに汗をかいたり、息が詰まりそうになったり、頭が真っ白になったり、ワッと叫びたくなったり、などの身体反応 ・ 身体症状を、さまざまに引き起すことになります。

アクティングアウトと云って、それが
突発的 ・ 衝動的な行動をもたらすことがあります。

逆にホワイトアウトといって、
瞬間、身体の動きが止まってしまう( フリーズ )してしまうこともあります。
ごく瞬間的なときには、あまり気づかれません。


つまり、フラッシュバックとは、過去の出来事や体験による感情や情動が突然甦ることで、なんらかの身体反応が引き起される「 情動身体反応 」のことです。


しかし、「 あのとき 」の情景や記憶を伴わない、
感情や情動( あるいは気分のようなもの )だけのケースでは、それがフラッシュバックだとは本人自身も気づきません。

 パニックや衝動行為がみられたときには、一応フラッシュバックではないかと考えてみてください。フラッシュバックという言葉が映画に由来するので、視覚イメージだとみんな思っているでしょ。そうじゃないんですよ。
( 神田橋條治 2012年 )
 

そのため、パニック症状や不安発作、あるいは場合によっては、幻聴と間違えられて、誤った治療を延々とされ、そのためにかえってひどい状態像になっている人たちは、現実にかなり多いと云われています。
 

 中井久夫先生がどこかに書いていらっしゃったけれども、統合失調症の患者さんに抗精神病薬を与えて、ある程度うまく治まったけれども、ある特定の幻聴や妄想がどうしても消えないときに、それがフラッシュバックである可能性がある。僕もそれは何例か経験していますが、抗精神薬が効かない。
( 神田橋條治 )


 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

どんなに辛い過去の出来事や体験だとしても、
ただそれを思い出したり、回想するだけでは
フラッシュバックとは云いません。

その時の感情 ・ 情動までもが甦ってくる情動反応が、フラッシュバックの本体です。

情動反応ですので、単なる考え方や理屈、気の持ちようなどで、克服できるものではありません。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



普段の生活の中でのフラッシュバック

フラッシュバックと聞くと、多くの人たちは、
事故や災害に巻き込まれた方たちが、事故や災害の記憶から抜け出せずに、パニックになったり、なにかの精神症状を現したり、ということを想像されるかもしれません。

でも、カウンセリングで出会うフラッシュバックは、
決してそうしたものばかりではありません。

と云うよりも、多くのフラッシュバックは、
むしろ、普段の生活 ・ 普段の人間関係の中で生まれているものです。

ですから、フラッシュバックとは、実は、わたしたちの身近にあるものなのです。

 

 あるときテレビで、住宅街で爆発火災があったニュースが流れて、現場の近所に住む老人が、「 爆発音を聞いて、太平洋戦争のときの東京大空襲の情景を思い出して、とってもこわかった 」 と、震えながらカメラの前で語っているのを、見たことがあります。

 たとえば、発達障害を持っている人たちなどは、過去に受けた叱責や罵倒、心ない言葉等々を、繰り返し繰り返し甦らせてしまうことがあります。
 そのため、フラッシュバックにもかかわらず、幻聴などと誤診され、安易に統合失調症とされて、延々と誤った薬物投与をされているケースもあります。

 フラッシュバックは、薬剤で消えたり、なくなったりするものではない、という特徴があります。
 

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

上に記したように、感情 ・ 情動だけが、なにかのきっかけで不意に甦ってくるフラッシュバックの場合には、それがラッシュバックだとは分からず、かえって、その人の人生や生き方に、ひどく影響を与えてしまうことがあります。


たとえばですが、
頭ごなしの言動や態度に対して
ひどく過敏 ・ 過剰に反応する人がいらっしゃいます。

もちろん、そうした言動や態度に接して
不愉快に感じない人はいないはずです。

しかし中には、そうした言動や態度を見せる人に対して、非常な嫌悪感や拒否感、あるいは、普通以上の怒りや反発心を示す人がいます。

しかも、実際に頭ごなしの言動を行なう人に対してだけでなく、なんとなく( 実際はどうか分からないのに )そんな印象を受ける人に対してさえ、一方的に嫌悪感や反発心を抑えられません。

もしかすると、過去に、誰かから、そうした扱いを受けて、
ひどく傷ついたり恨んだり、不安やおびえの体験の記憶が、
底の奥に隠れているのかもしれません。

それが、「 いま目の前 」にいる人に、
オーバーラップされてゆく ・ ・ ・ ・
 

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 

ひとことで「 フラッシュバック 」といっても、
カウンセリングでお会いし、ご一緒に整理してゆくなかで、

お一人おひとり、さまざまな背景があり、
それぞれ症状の意味が在ることに、気づかされます。

フラッシュバックからの回復とは
「 思い出さなくなること 」ではありません。

「 他の記憶や思い出 」の中に混じり合ってゆくことです。

思い出には、楽しい思い出、うれしい思い出もあれば、
つらかった思い出、悲しかった思い出もあります。

それらのひとつになってゆくことです。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


ご自分自身を苦しめている
フラッシュバックにつながる感情やわだかまりは、
ご自分一人で抱え続けるのではなく、

少しずつ少しずつ、一歩ずつ、
共に整理してゆくことで、やがて
別の形に消化( 昇華 )してゆくものだと、思います。

関連ページ 「 大問題 」からでなく


細かなことはいろいろありますが、
そうしたやり方を大切にしながら、カウンセリングをおこなっています。

 


上にもどる

     

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・