ストレスのあらわれ方


ストレスのアウトプット方法

わたしたちは、強いストレスやフラストレーションを感じ
(受け)続けていると、
それを何かの形で、
外に排出せざるを得なくなっていきます。

インプット・アウトプットという言葉を使うなら、
ストレスをインプットされ続けていると、
それを何らかの形で、
アウトプットしなくては、いられなくなっていきます。

アウトプットのためには、
心 身体 行動 という三つの出力系を用いて、
わたしたちは、それを排出することになります。

こうした「 行動 」のことを、
「 ストレス行動 」または「 行動症状 」と呼んでいます。

80年代のTVドラマの中で、こんな台詞がありました。

酒か博打(ばくち)か女ででも発散しなけりゃ、
 男は身がもたないってことだよ !!

熾烈な出世競争をしている企業戦士が、
(70〜80年代には、こんな言葉もありましたね)ライバルを
蹴落とすために犯罪に手を染めてしまう、
というドラマでした。


習慣化と嗜癖(しへき)

ストレスを発散するための行動には、
それを繰り返してゆくことで、
その時・その場だけの一時的な範囲を越えて、
習慣化されてゆくようなことも、とても起こりがちです。

何故なら、ストレスに対する対処行動というものには、
そうした傾向を持ちやすい性質があるからです。

そのため、繰り返してゆくことで、
「 嗜癖(しへき)化 」されてゆくことになります。

嗜癖(しへき)とは、
それをやらずにはいられなくなっている、むしろ、やめられな
くなっている状態を、意味します。


運動嗜癖の問題

ジョギングやマラソンなどは、「健康的に」を越えて、
嗜癖行動になってゆく典型的なもの、というのは、
すでによく知られています。

たとえば、運動嗜癖 ・ 運動依存では
健康ランナーとして有名になった人が、
ランニング中に死亡したケースもありましたね。

このようなケースは、残念なことに
けっして珍しいことではありません。

ストレス解消や健康作りのつもりで始めた運動によって、
体を壊してしまう人たちは、
実はたくさんいらっしゃいます。

たとえばサーフィンなどでは、海から上がって車の中で休んで
いて、そのまま亡くなっていた、というケースが起こります。

昔、ジョギングマニアの人が足を悪くして自殺してしまった。
走っているとエンドルフィンが出てくるせいか、走れないと、
絶望を感じるようです。
昔ジョギングマニアの精神科医がいて、ジョギングは嗜癖なん
だからアルコール中毒患者に応用できるんじゃないかと考えて、
自分が走る時にアル中の人を走らせていたんだ。

(神田橋條治 精神科医)

最近でも、「プレジデント」という著名な雑誌の元編集長だっ
た男性が、仕事からの帰宅後、夜に競技用のオフロード自転車
で走りに出て、自宅近くで死亡しているのが発見された、とい
うニュースが小さく報道されたりもしていました。
2012-4

別の日には、ニューヨークで、ランニング中に倒れて苦しんで
いた人を、俳優のダスティン・ホフマンが助けた、という話題
をネットのニュースで読みました。
2012-4

ストレス解消のつもりで始める行為は、
それ自体が、嗜癖的行動になりやすさを持っています。

これはもちろん、なにも運動に限ったことではありません。

ワーク中毒

たとえば、セラピー関連のワークや自己啓発などでは、
ワーク中毒、自己啓発中毒のような状態になってしまっている
人たちは、たくさんいらっしゃいます。

セラピストが、嗜癖を助長しているのです。

関連ページ ワークについて


万引きやチカン行為とストレス行動

万引き、あるいはチカンなども
ストレス行動としての意味合いの強い場合があります。

チカンや万引きをやめたい、とおっしゃられて、
カウンセリングに通われる方も、いらっしゃいます。

「 なにか問題かストレスがあるなら解決して欲しい 」と、
奥さんに強く求められて、
カウンセリングにいらっしゃる方も、おられます。

ときに、公判(裁判)を待つ間に、
カウンセリングにお越しになる方も、いらっしゃいます。

ストレスの悪循環

ストレス行動とは、本来はストレスやフラストレーションを
(一時的にでも)解消するための行為のはずです。

しかし、行動や行為の中身によっては、
それが、さらなるストレスや心の葛藤を生み、
ストレスの悪循環になってゆくことがあります。

たとえば、八つ当たりしたり、怒鳴り散らすことで、
周囲の人との関係は、たいてい悪くなるはずです。
憎まれ、恨まれることも、あるかもしれません。

たとえば、
イライラ解消のつもりでやったパチンコで、
結局何万円も失い、かえって後悔と自己嫌悪に落ち込んで、
更にストレスになってしまう、というようなケースは、
対象や事柄は違っても、
日常の中にいくらでも見られるものです。

多少なりとも、心当たりがあることでしょう。

周囲の人たちを注意して見回してみると、
誰もがその人なりの、いろいろな「 ストレス行動 」を持って
います。
 

たとえば、時々こんな方を周囲に見ることがあります。
ご自分の懐具合を越えてまで、
人におごったり、お金を出したりするのです。

そのため、おごってもらう側からすると、
「気前のいい先輩」だったり「太っ腹ないい人」です。

しかしそのために、消費者金融などから
借金を繰り返してゆくような場合があります。

やがて、たとえば借金が奥さんに知られるところとなって、
一旦はもうしないと誓って、返済をしますが、
またいつの間にか同じことを繰り返してゆく。
そして中には、離婚や別居にまで至るケースがあります。

これを、たんに「 イイ格好しい 」と捉えることは、
間違っているかもしれません。

「 どうして、なぜ・・・?」
奥さんやご家族にとっては、理解できません。

ご本人は、いろいろな理由を語るかもしれませんが、
でも本当は、どうしてそうせずにいられなくなるのか、
ご自分にも、本当には分からなかったりします。


 

 上にもどる

 

 

抑うつとは / 抑うつ状態・抑うつ気分
メンタルヘルスとは
不安神経症とパニック障害
面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ