子宮とストレス


子宮は、筋肉の塊(かたまり)のような臓器、
と云われています。

そして子宮にも、
他の臓器と同じように自律神経が複雑に走っています。

ヒトの子宮体は交感神経に、
そして子宮頸(しきゅうけい)は副交感神経に支配され、
エストロゲンは交感神経優位を、
プロゲステロンは副交感神経優位をもたらすとされている。

斉藤良治・田口純子

エストロゲン・プロゲステロンとは、女性ホルモンのことです。

そのため、子宮もほかの臓器と同じように、
自律神経系の働きに敏感に反応し、
収縮と弛緩を繰り返すことがあります。

それが激しい時には、子宮に痛みを感じる時があります。

たとえば、
ストレスやフラストレーション、強い興奮などで、
大腸の筋肉が局所的にひどく収縮したり、
痙攣(けいれん)的な動きをして、
圧迫痛を感じるのと同じように、
子宮筋も強く収縮することで、痛みを感じることがあります。

たとえば、何かでとても興奮したり、あるいはひどく不安や
心配に襲われたりすると、交感神経系が亢進・興奮して、
急に心臓がドキドキしてきます。

そのめた、慢性的な不安やストレスが続くと、
不整脈が生じたりすることは、
日常しばしば見られます。

子宮も、これら臓器と同じように、
自律神経の亢進・興奮を受けて、
子宮筋が急に収縮したり緊張することが出てきます。

このときの「 興奮 」には、不安や緊張ばかりでなく、
嬉しかったり、恥ずかしくてドキドキしたり、
そして性的な興奮も、当然ふくまれます。

それがとても強いときには、
上にも記したように下腹部の痛みとして、
感じるようなこともあります。

情動ストレスによる子宮の収縮や緊張が、慢性化することで、
血行不良を生じさせて、子宮の機能の低下を生み、
婦人科系のさまざまな疾患の元になる、と考えられています。


子宮と視床下部の働きは、ほぼ連動しており、視床下部が緊張
すると子宮も同じように緊張し、血流障害につながる。
したがって子宮まわりの疾患は、視床下部に及ぼす感情・情動
ストレスとも、深く関係している。

子宮内膜症、月経困難症、卵管炎、子宮筋腫、不妊症、
習慣性流産、妊娠中毒症などの婦人科系の疾患も、
そのほとんどは交感神経緊張などが原因として考えられるが、
専門家の間でさえ、その事実はあまり知られていない。

( 宗像恒次 筑波大学名誉教授 )


たとえば、乳房は形態上、
どうしても血行が悪くなりがちな部分です。

そのため、身体全体の血行不良や身体の冷えの影響を、
最も受けとめやすくなります。

乳がんの発生には、
こうした要因( 血行不良とそれによる冷え )が
深く関わっている可能性が、十二分にあります。

また年配になると、
膝を悪くする方がとても多く見られますが、
膝も構造的に、もともと血行の余り良くない部位です。

身体の各部分は、ご存じのように
血液を通して、酸素や栄養素を受けとり、
老廃物を排出したり、傷を修復し、という
さまざまな代謝活動をおこなっています。

そのため、血行が良くないということは、
機能の低下をもたらし、傷からの修復と再生とを、
妨げることになります。

ですから、膝の具合が悪くなったときには、
鎮痛薬に頼るのではなく、膝をあたためて血行を良くする応援
をすることが、最も大切で本質的な治療となります。


【 胎児性愛着障害】

たとえば、妊娠初期に、
子宮筋の収縮や緊張とうっ血が繰り返されると、
せっかくの受精卵が、
子宮内膜に定着し切れずに流れてしまったり、
着床しても、すぐに死んでしまうこともあることが、
云われています。

また、強い精神的なストレス、ひどいショック、
苦痛や苦しさに襲われたとき、
副腎(ふくじん)という臓器から、
アドレナリンというホルモンが大量に分泌されます。

副腎は、腎臓の上にある小さな臓器で
重要なホルモンをいろいろ分泌しています。

アドレナリンは、わたしたちが生きて活動する上で、
必要不可欠なホルモンですので、
いつも微量に分泌されています。

こうした通常範囲の量であれば、
胎盤を通過することはありませんが、

母体で大量に分泌されたアドレナリンは、
胎盤を通過して胎児に入り、胎児の血管をも収縮させることが
指摘されています。

胎児は、お腹の中でアドレナリンを浴びて、
生理的なストレス状態に置かれることになります。

こうしたことが余り頻繁に繰り返される状態ですと、
流産につながる場合もありますし、
すでにお腹の赤ちゃんのときから、
生理的なストレス環境の中にいるために、
外界や親を含む人に対して、「基本的な安心感」を持てないま
ま育ってゆく子どもたちもいます。

「 胎児性愛着障害 」と云われる子ども・人たちです。

こうしたことから見ても、
お母さんが、どのように精神的に支えられているか、
ということは、
胎児の精神衛生には、とても重要な意味を持っています。

たとえ、とても敏感で繊細なお母さんであっても、
安定した人間関係に支えられていることで、
精神的にも安定していられるからです。

 

 

上にもどる

 

 

抑うつとは / 抑うつ状態・抑うつ気分
メンタルヘルスとは
不安神経症とパニック障害
面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ