抑うつとは
〜 抑うつ気分・抑うつ状態 〜


「抑うつ(よくうつ)」とは、
病名ではなく、症状や状態をあらわしている言葉です。

一般によく使われることの多い「うつ」という言葉は、
「(内因性)うつ病」のことではなく、
「抑うつ症状」のことを指して「うつ」と云っています。

「うつ」状態のことを「抑うつ状態」と言う場合もあります。
しかし意味には本質的な違いはありません。専門用語としては、
むしろ「抑うつ状態」という言葉のほうが、よく使われます。
( 加藤忠史 精神科医 )

抑うつは、誰にも起こりうるものです。
生きることは、誰にとっても大変なことだからです。

あるいは、
抑うつを何度か繰り返してゆく人も、いらっしゃいます。
 

抑うつは心身の苦しさを伴う

抑うつは、臨床的には、
抑うつ気分 」 と
抑うつ状態 」 とに分けて考えられます。

そして、抑うつとは、
ただやる気が起きない、ただ元気が出ない、
というものではありません。

たとえ軽度であっても、
かならず「心身の苦しさ」をともないます。

気体には「 気圧 」、水には「 水圧 」があるように
「 うつ圧 」というものが、
心と身体とを、ひどく重く苦しくしていきます。

そうした意味では、抑うつは、
経験した人にしか、本当は分かってもらえないかも知れません。

抑うつでは、焦燥感と不安感とに襲われて、
ひどく落ち着かない状態になって、
部屋の中をウロウロ歩き回ったり、
じっとしていられずに外を歩き回ったりして、
家族や周囲の人に心配される、というケースもあります。

つよい焦燥感・焦りは、抑うつ状態には付きものです。
しかし、実際には何も出来ず、
空回りしてゆきます。

抑うつは、いろいろな症状が寄り集まったものです。
ですので、「 抑うつ症候群 」 と呼ぶべきですが、
ただ「抑うつ」とだけ呼ばれています。

子どもの抑うつ

子どもの抑うつは、不機嫌さ、として現れることが、
特徴としてあります。
 

抑うつ気分とは

抑うつ症候群は、上にも記したように、
抑うつ気分と抑うつ状態として考えられます。

「 抑うつ気分 」とは、
以下のような気分状態として言い表わされます。

憂うつになる。 気分が沈む。 気持ちが落ち込む。  
むなしい気持ちが湧いてくる。
わけもなく物悲しさや悲哀感に襲われる。
一人なると何故か悲しくなる。 わけもなく涙が出てくる。
ひとり取り残されてしまったような虚しさ・悲しさ。
何をしても楽しく感じられない。 
愉しいという気持ちが起きてこない。
生きている張り合いを感じられない
生きていても希望が持てない気がする。
なにもかもダメな気がする。
自分のことをダメだと責めている。
死んだら楽になるのか、と考えてしまう。

こうした気分状態を、抑うつ気分といいます。


友だちといるときは、明るく元気に振る舞って、みんなから
悩みがない人みたいに見られてるけど、一人になると悲しく
なって、気持ちが落ち込んで、なにもやる気が起きなくなる。
テレビを見てても、なんでもないところで涙が出てくること
がある。最近では、自分を責めてしまい、死んだら楽になる
のかな、などと思ってしまう。

そんな状態を訴える高校生や大学生もいます。

「 気分 」というと、軽い印象を受けるかも知れません。
しかし既に記したように、
抑うつの場合には、心と身体がひどく苦しい状態のものです。

抑うつ気分も、軽度で一過性のものから、
自分でも何がきっかけか分からないけど、
 むかしから抑うつ気分になることが多い
」という
抑うつ気分を繰り返する人もいらっしゃいます。

深い抑うつ気分、を抱える方もいらっしゃいます。


季節性の抑うつ気分

あるいは、季節の変わり目になると、
抑うつ気分におちいることがある、という人もいます。

筆者なども、その一人です。

いまは歳をとって、ごく小さな程度になりましたが、
もう少し若い頃までは、季節の変わり目になると一週間くらい、
抑うつ気分に苦しめられることがありました。

一人になると気分がひどく沈む。
憂うつで悲しい気分、むなしい気持ちが奥から湧いてくる。
そんな時、ふと気がつくと季節の変わり目だった、
ということが何度となくありました。

抑うつ(抑うつ症候群)がマスコミに取り上げられる時には、
勤労者のメンタルヘルス問題として扱われますが、
子育て中の主婦の人たちで
抑うつ感に苦しんでいる人たちも、多くいらっしゃいます。

家事や育児をしながら酒量が増えていく、
というケースもみられます。


抑うつ状態とは

一方の「 抑うつ状態 」とは、
抑うつ気分という「 気分の低下 」だけでなく、
思考や意欲という精神機能までも低下する状態をいいます。

「 抑うつ気分 」にとどまっている時には、
一人になるとそうした苦しい気分を抱えながらも、
外見的・外面的には、一応いつものように振る舞えたり、
いつものようにやれている状態です。

ですから傍(はた)からは、
ほとんど分からないものです。

しかし抑うつ気分だけでなく、抑うつ状態になるにつれて、
しだいに日常生活や人付き合い、家事や仕事、学業などで
支障や困難を感じるようになっていきます。

たとえば、普段はしないようなケアレスミスをしたり、
うっかり忘れ、もの忘れが繰り返されたり。

仕事や学業の能率が落ち、記憶力が減退したのではと、
不安を感じる場合もあります。

実際に思考、記憶力がうつ状態( 抑うつ状態 )のために
低下しているのである。
( 原田憲一 精神科医 )


頭がうまく働かない

たとえば、
頭に霧(きり)や靄(もや)がかかったみたいで、
思うように頭が働かない、考えがまとまらない。
文字を読んでいても、内容が頭に入ってこない。

こうした症状や状態を訴える方は、決して少なくありません。

抑うつ状態になってゆくと、
頭ではむしろ、「やろう」「やらなくては」と、
ひどく焦るようになります。

思うように出来ずに焦燥感に襲われます。
しかし「 なんとかしなければ 」と焦ってみても、
空回りになることが多くなります。

そして、次第に手につかなくなって、
これまでのようには、何事もやれなくなっていきます。

自分がこうした状態になるなんて考えたこともなかった
そうおっしゃる方も、いらっしゃいます。


深まる抑うつ感

抑うつ状態も、やはり初期で軽度な程度から、
しだいに深まってゆくような場合もあります。

抑うつ状態が深まるにつれて、
決断できなくなったり、物事を迷って決められなくなったり。
好きだったもの、これまで楽しんでいたものへの関心や興味も、
失われていきます。

外出したり、人に会うのもひどく億劫(おっくう)になり、
たとえば、外出しようと頑張って支度をするけれど、
なかなか玄関から出られずに時間が過ぎていく、ということを
繰り返すことがあります。

仲間に●●●( 好きだった趣味や集まり )を誘われる
けど、なんとか理由をつけて断っている。でもいつもいつも
断り続けていると、かえってどうしたんだと心配されるので、
たまに無理して出かけるけど、苦痛でつらくて、すぐに帰り
たくなる

そう打ち明けてくださる方は、少なくありません。

あるいは、人の輪の中にいても、
ぽつんと自分だけ取り残されてしまったようで、
疎外感、孤独感、悲哀感に襲われます。

抑うつ気分はあっても、好きなことには熱中できるとか、
友人と愉しく遊べる、とかできるのは、抑うつ状態ではない。

( 原田憲一 )

夜眠れずに朝早く目がさめたり、
逆に、起きられなくなって会社や学校に遅刻してしまったり。

それでも「自分はまだできる、まだやれる」と思えている時は、
それを支えに踏ん張れますが、
何かのきっかけで
「 自分にはもう出来ない、もうやれない 」と感じたとき、
心身の破綻が、いっぺんに襲ってくることがあります。

それは、言葉を換えると、
「 最後の一滴までも絞り尽くしてしまった 」と
云えるかもしれません。

ある日を境に、蒲団やベットから出られなくなって、
そのまま会社や学校に行けなくなってしまうこともあります。

しかし、周囲の人たちからは、
昨日までいつもの様にやっていたのに、どうして、と
思われる場合も多いかもしれません。

そうした状態になられてから、
カウンセリングにいらっしゃる方もおられます。

もちろん、回復に遅すぎるということはありません。
ご一緒に一歩ずつ、回復に向けて歩んでゆきます。


抑うつから回復のために

繰り返すようですが、
抑うつとは、心身がつらく苦しい状態です。

しかも「抑うつ状態」になってゆくにつれて、
いろいろな事が、
今までのようには出来なくなっていきます。

早くこの状態をどうにかしたい、
早く抜け出したい、という不安と焦りから、無理をして、
かえって、状態や症状を複雑化させてしまったり。

悪循環から、抑うつ状態を長引かせることになって、
回復を妨げる結果になっていることがあります。

そのようなケースを、たくさん拝見しています。

一方で、苦しさをご自分一人で我慢したり、
ひとりで耐えている人もいらっしゃいます。

薬を処方されても、副作用ばかりで合わなかったり、
効いているのかどうか感じられなかったり、
という場合があります。
時には、薬ばかりが増えてゆく、というケースもあります。

メンタルクリニックに通院して薬を服用しているけど、
薬だけの治療に限界を感じ、カウンセリングもしていきたい

そうした方もお越しになります。

抑うつは、身体の病気が元で起きてくることもあります。

心やメンタルに関わる抑うつの場合には、
本来のカウンセリングのように、落ち着いた場で、
少しずつ、話をしてゆくこと、会話をしてゆくことが、
とても大切になることが、
治療や臨床的には理解されています。

「 試しに一度 」でも、もちろん大丈夫です。
お話しにいらしてみていただけたら、
と思っています。
 

 上にもどる

 

  品川区大井町カウンセリング  夫婦(カップル)カウンセリング

  人間関係の悩み  仕事と職場人間関係ストレス  不安発作と不安神経症  

 

 東京都品川区のカウンセリング・ルーム「カウンセリング森のこかげ」が、「抑うつと抑うつ症状」についてご説明しています。

 

面談カウンセリング案内
電話・スカイプ カウンセリング案内
面談カウンセリング お申し込み・問い合せ